学校独自の奨学金制度②|東北~中部の大学・短期大学の制度を紹介 学校独自の奨学金制度②|東北~中部の大学・短期大学の制度を紹介

学校

オンライン里親会に参加する
日本こども支援協会

学校独自の奨学金制度②|東北~中部の大学・短期大学の制度を紹介

最終更新日2022.04.22 公開日2022.04.22

子ども達の進学をサポートするために、国が実施する『高等教育の就学支援新制度』以外にも、独自で奨学金制度を設けている学校もあります。この記事では、東北・関東・北率・中部(愛知県以外)の学校の奨学金制度を紹介します。

里親の種類と要件

尚絅学院大学大学授業料等減免制度

区分:

授業料減免

学生区分:

学群制

大学院生

申請資格:

日本学生支援機構の給付奨学金に申請した者のうち、家計基準が第Ⅰ区分または第Ⅱ区分に該当し、学力基準が該当せず同奨学金に採用されなかった者のうち、以下の成績基準を満たす者とする。


・1年生:高校卒業時の全体の学習成績の状況3.2以上の者

・2年生以上:卒業要件単位のうち、1年次終了時に31単位、2年次終了時に62単位、3年次終了時に93単位以上を修得し、かつ、その年度のGPAが1.50以上の者

以下の両方の要件に該当する者とする。


・日本学生支援機構第一種奨学金の家計基準に当てはまる者

・1年生においては入学試験の成績が上位の者、2年生においては1年次の履修科目全ての成績がS又はAの者



減免金額:

第Ⅰ区分:420,000円

第Ⅱ区分:280,000円

授業料の1/2の額

減免期間:

当該年度とする。次年度以降も希望する場合は年度ごとに申請を行う

その他:

貸与型の奨学金制度(2年生以上)と海外研修奨学金もあり

問い合わせ先:

学生生活課 日本学生支援機構奨学金係

E-mail:shogakukin01@shokei.ac.jp

Tel.022-381-3308



埼玉学園大学埼玉学園大学奨学金(さいがくサポート奨学金)

区分:

奨学金の給付

申請資格:

指定校推薦型選抜Ⅰ期又は公募推薦型選抜Ⅰ期受験者で、在学中の全体の学習成績の状況が3.8以上の方

給付金額:

年額 500,000円(返還の必要はありません)

給付期間:

1年間(継続して4年間受給可)

※2年次以降は、前年度の成績が学部学科を問わず当該学年の上位10分の1以内であること。

審査方法:

小論文試験(1時間600字以内)、入学試験面接、学習成績の状況

問い合わせ先:

学生課

TEL:048-294-2208

東京家政学院大学学校法人東京家政学院奨学金』『光塩会奨学金

区分:

奨学金の給付

申請資格:

勉学に努力した成績優秀者

給付金額:

50,000円

問い合わせ先:

アドミッションオフィス

E-mail:nyushi@kasei-gakuin.ac.jp

TEL:042-782-9411(月~金曜日 9:00~17:00、土曜日 9:00~12:30)

FAX:042-782-1711



神奈川大学給費生試験

区分:

奨学金の給付

対象:

毎年12月に全国22箇所で実施する給費生試験に合格した者

給付金額:

①入学金相当額(20万円)を入学初年度に給付

②法・経済・人間科学部:年額100万円×4年間給付

 経営・外国語・国際日本学部:年額110万円×4年間給付

 理・工学部:年額135万円×4年間給付

 建築学部:年額145万円×4年間給付

③さらに自宅外通学者*に対しては年間70万円の生活援助金×4年間給付

※毎年継続審査あり

審査方法:

3科目入試

問い合わせ:

入試センター

TEL:045-481-5857(直通)

admissioncenter@kanagawa-u.ac.jp



常葉大学常葉大学奨学金制度

区分:

授業料減免、奨学金の給付

対象:

免除金額:

免除期間:

奨学生入試奨学生

①奨学生A 授業料全額免除

②奨学生B 授業料半額免除

※①②とも、原則2年間減免。審査を経て後2年間継続


特別奨学生(一般入試前期日程・成績上位物30名)

初年度納付金(授業料)から20万円減免


特別奨学生(共通テスト利用入試前期日程・成績上位者30名)

初年度納付金(授業料)から20万円減免


学業成績優秀奨学生(2~4年に在学していて、前年度の学業成績が優秀な者※経済的条件があり)

年額30万円を給付。給付期間は1年間。

問い合わせ先:

入学センター

TEL:054-263-1126(月~金曜日 9:00~17:00)

nyushi@tokoha-u.ac.jp



北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部一人親家庭等奨学生

区分:

授業料減免

対象:

入学時の年齢が21歳未満であり、一人親家庭等に該当する者

※一人親家庭の定義

母子家庭、父子家庭、両親を欠く世帯、交通遺児等の世帯、主たる生計維持者が破産宣告を受けた世帯

※市町村が発行する所得証明書の所得金額による収入制限があります。

免除金額:

授業料の50%を免除

免除期間:

4年間(大学)または2年間(短期大学部)

その他:

収入制限などの詳細は募集要項もしくはアドミッションセンターまでお問い合せ下さい。

問い合わせ先:

アドミッションセンター

TEL:076-280-3855

まとめ

まとめ

今回ご紹介した学校以外でも、奨学金制度を設けている学校は数多くあります。ほとんどの大学では、ホームページ内に奨学金紹介ページを設けていますので、行きたい大学が見つかれば、ぜひ一度ホームページをチェックしてみてください。

ガイドブックをシェアする

学校の関連記事

  • 学校独自の奨学金制度②|東北~中部の大学・短期大学の制度を紹介
    学校

    学校独自の奨学金制度②|東北~中部の大学...

    公開日2022.04.22

    最終更新日2021.12.20

  • 学校独自の奨学金制度①|社会的養護下にある子ども限定の制度
    学校

    学校独自の奨学金制度①|社会的養護下にあ...

    公開日2022.04.22

    最終更新日2021.12.20

公式アカウントの
フォローをお待ちしています!

オンラインの里親会に参加しませんか?

ONE LOVEオンライン里親会は、
里親が抱える日々のつらさやしんどさ、
喜びを共有できるコミュニティを運営しています。

里親ガイドブックは、日本こども支援協会が運営する里親のためのオンライン里親会「ONELOVE(ワンラブ)」事業の一環として提供しています。